皆さん、こんにちは。

 

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、 外出自粛により来店できなかった既存顧客を中心に、少しづつですが予約が入りはじめていると思います。

 

では、新規予約はいかがでしょうか?

新規顧客から今までのような件数の予約が入るということは難しく、 コロナウイルスとの共存が求められる一方、 今後の美容業界では「美容室へ行く人」とセルフカラーなど「ホームケアで済ませる人」の二極化がさらに進むと言われています。

 

そこで、今回のパルフェ新聞では、 「アフターコロナはどうなる?」というところから「今後やるべきこと」を考えていきたいと思います。

緊急事態宣言解除後も、外出自粛を続ける人も多く、毎日の情報を確認するためにスマートフォンやPCを利用している人がさらに増加しました。

 

また、リアル店舗で商品購入する流れから、ネット通販で商品を購入する人が急激に増えています。実際に、美容のホームケア系商品や生活雑貨品などは、昨年対比で1.2~1.5倍業績を伸ばしていると言われています。

いままでは、「便利そうだけどよく分からなかったが、実際に使ってみたらかなり便利」というエンドユーザーがこれからどんどん増えてくると思われます。

美容業界において、いまのところ施術は絶対的に非デジタルです。

しかし、施術以外はデジタル化・IT化することで効率を上げることができる部分がたくさんあります。

店販商品のネット通販はもちろん、Google直接予約やWeb予約連動サービスなどデジタルツールによる効率化により、スタッフも顧客もより利便性と満足度を向上するような取り組みが必須になっていきます。

 

作業効率化のための「自動シャンプー」導入、感染予防対策としての電話やSNSでの「リモートカウンセリング」などが当たり前になる可能性もあります。

 

(例) ・ビデオ通話機能を活用したオンラインカウンセリングで滞在時間を短縮 ・SNSでコロナ対策済みをしっかりアピール ・髪質診断やダイエット診断などのオンライン診断 ・シャンプーやトリートメントのネット販売

今後の景気の見通しの悪さから、「節約志向」はますます高まっていくと思われます。

 

美容室への支出も見直され、必然的に「安さ」を求める人が増えていきます。

 

・消費の価値が変化

 

コロナ感染症が終息したとしても今までどおりの消費に戻る可能性は低くなると思われます。

過去のリーマンショックの場合、経済は落ち込んで富裕層は中間層の商品、中間層はさらに下の層の商品を選ぶ傾向がありました。

それを踏まえて、今のサービス内容や価格面をもう一度調整し、新しいジャンルのメニューを作っておくことが求められます。

 

・格安サロンの増加

 

1,000円カットなどの格安サロンが増加し、都市圏に多い「高価格サロン」は厳しくなると予想されます。

また、高級サロンに通っていた方が、中価格サロンに流れる可能性も高くなります。 そこで高級サロンのような接客とサービスを提供することができたら、お客様の定着に繋がります。

・美容室の滞在時間短縮

 

格安サロンに比べ、一般・高単価美容室は、接客やカウンセリングに掛ける時間も長く、お客様との接触時間が長くなりがちです。

 

「カットだけして早く帰りたい」というお客様からすると、これまで売りだった接客が逆にデメリットにもなりかねません。

お客様の要望を素早く汲み取り、スムーズな施術がより求められる時代になります。

安心感という観点から、サブスクリプションの普及が進むと予想されます。

 

例えば「スマホや自宅のテレビで映画が楽しめる」「毎月自宅に食品が届く」「毎日日替わりのランチが届く」など、毎月一定の金額で金額期待以上の内容のサービスが増えてきています。

 

新規顧客依存はいまとても厳しく、コロナ禍であっても会員獲得ができているビジネスモデルはとても魅力があります。 このサブスクリプションは今後確実に成長していきます。

 

「カラーし放題月額●●●●円」 というように、こんな状況だからこそ、新たな取組みとしてチャンレジすることが必要ではないでしょうか。

 

コロナ自粛期間中、多くの人が「コロナが落ち着いたら、、、」といろいろ考えていたと思います。 その結果、これまでのように「なんとなく」「とりあえず」から「ここに行きたい」に変化したと言われています。

 

それは美容室においても同様です。

「SNSで【安心・安全】をPRしたお店」

「他にはない独自のサービスがあるお店」

「【値段・質】に特化したお店」 このように、お客様の目に留まり、「ここに行きたい!」

と思わせる事ができたお店が今後生き残っていきます。