Image by D. Jameson RAGE

皆さん、こんにちは。

 

暖かい日が多くなり、春らしい華やかなスタイルをご希望されるお客様も増えてきているかと思います。

 

髪型やカラーをちょっと変えるだけで新しい季節へのワクワク感が高まります。

 

お客様のご要望にお応えし、満足してもらうには、基本が出来ていることがとても大切です!

 

今回は、技術部よりプルエクステの基礎についてと、基礎を固めることによる効果をお伝えします。

​Contents

2105_bt_1.png
2105_bt_2.png
2105_bt_3.png
 

突然ですが

下記の画像とあなたの取付け画像を見比べてみてください

□ ベース幅は約横9㎜×縦8㎜

□ 距離は約7㎜

□ ダウンステムになっている

□ 紐は約5㎜左下に落ちるようにする

□ 地毛は真下に落ちるようにする

□ 接合部は正しい形で正面を向くようにする

どうでしたか?

自分のスキルを確認するために

ぜひ、プルエクステ検定に挑戦してください!!

★ベーシックを持っている方はテクニックを!

★★テクニックを持っている方はマスターを!

  • 合格すると自信がつく!

  • お客様へ提案できる幅が広がる!

  • サロンの★の数で集客率アップ!

  • 個人の★の数で指名率アップ!

  • お客様の満足度アップ
    ➡︎リピート率アップ
    ➡︎売上アップ!!

何を改善したら良くなるか、

改善方法は人によって違います!

 

まずは、下記の『規定の取付けポイント』を見て違いをみつけましょう!

そしてオンライン講習で正しい技術を学び今のうちに改善しましょう!

  • 正しい技術を学ぶことで
    自信がつき、楽しくなる!

  • ムダな動作の見直しで時間短縮に繋がる!

  • お客様の満足度アップ!

  • 基礎がわかれば
    スタッフに教えることもできる

  • 検定の合格率が上がる

  • サロン全体のスキルUPになる

コロナ禍でも、技術スキルアップのためにクリエイトワンとして出来ることはないかと試行錯誤し、現在オンラインによる講習が可能となりました。

以前より身近に気軽に講習が出来る様になり、スタッフさんの技術チェックをする機会が増え、今感じることがあります。

それは、冒頭の画像の『プルエクステの基本の取付方法を出来ている方がとても少ない』という事です!!

規定の取付けポイント

  1. ベースの形と地毛の取る量

  2. ゴマの形と向き

  3. ステム

  4. 頭皮からゴマ上部までの距離

  5. 三重縛り

  6. 地毛のおさまり

  7. 切った紐の長さとおさまり

⬇︎ 左右にスライドして必ず確認しましょう! ⬇︎

上記を見てあなたの技術は自己流ではなく、規定の取付けですか?

 

できていないと思う方でも安心してください。

 

オンライン講習を受講してとてもレベルアップされているスタッフさんを見てきました。できていないと思う方・できているけどさらにレベルアップやコツが知りたい方!

オンライン講習で各自の取付け方法の見直しをし、是非変化を感じていただきたいです!

オンライン講習はこの様な感じで行っています!

ZOOMを使って気軽に出来る!

講師の方が個人に合った改善方法を教えてくれますので、自分がどこが間違っていたのかが明確に分かります!

オンライン講習前

1ヶ月後

もちろん、1度の講習で大きく変化することは難しいです。

講習以外でも意味のある自主練習を積み、講師から繰り返しアドバイスを受けることにより変化が出てきて楽しさも出てくるかと思います!

 

コロナ禍であろうと技術に終わりはありません!!

 

技術や知識のレベルアップをし、プルエクステの魅力を最大限にお伝えしましょう!

 

そしてお客様により満足していただきましょう!

オンライン講習・検定を受講したサロン様からのコメント

技術講師からのコメント

《講師》

三宅 晃一郎

Reverie hair Group オーナー

2019年  マスターディプロマ取得

《講師》

加賀川 誠

NINA Group オーナー

2017年 マスターディプロマ取得

《講師》

丸谷 智里

クリエイトワン株式会社

2021年 技術インストラクター就任

基礎技術・知識を放置すると、、

基礎技術・知識をしっかり固めることでの効果

 

基礎技術・知識を突き詰めることが、イコールお客様一人一人に対して真摯に向き合っていることにつながります。

 

  "意味のある練習と実践"を繰り返す事により、着実に実力を身につけることが出来ます。

ベテランになるにつれ、経験が自信となり満足してしまい学ぶことをやめてしまう方もみえますが、常に勉強をし知識と技術をつけること、お客様の立場に立って謙虚な姿勢でいることは、いずれお客様の心を掴み売上につながります。

 

自分で考え練習をするのも大切ですが、一人の力では限界があります。周りの方の助言・支えも大いに活用しサロンやプルエクステ全体の一層の発展に繋げていきましょう。

オンライン講習を希望されるサロン様は

担当営業までご連絡下さい。

また、オンライン検定については現在お待ちいただいている状況です。

準備が整い次第ご案内をさせていただきます。

 

みなさん、こんにちは。

今までインスタグラムについて、

ご説明させていただきました。

 

その中で、インスタグラムを更新したいけれど

“入客してないからお客様の写真がない。”

“毎日写真が撮れないから、投稿できない”

というお声を多くお聞きしました。

 

そこで今回は、誰でもインスタグラムを更新できるネタとあわせてインスタグラムのユーザーが求めているものをご紹介させていただきます!

いきなりですが、ここでみなさんにご質問です。

どのような美容師アカウントをフォローやいいね・保存しようと思いますか?

多くのユーザーは、美容師が発信する

“ヘアケア情報”“コテの巻き方”

“アレンジ方法”などを求めています。

美容師の投稿だから興味がある

POINT

では、多くのユーザーが興味のある投稿とは・・・実際に投稿を見てみましょう!

投稿例

ヘアケア商品紹介

お店で販売しているスタイリング剤といったヘアケア商品は、店内だけに限らずInstagramでも宣伝するのが効果的。

 

値段・容量・効果を簡単に紹介するだけでなく、「実際の使い心地」や「こんな人におすすめ」といったように美容師の視点でコメントを発信しましょう。

プラスアルファの情報で、ユーザーに興味を持ってもらえる工夫をするのが重要です。

投稿例

美容師が解説するヘアケアアドバイス

色落ちを防げる方法は、一番気になります!

特にハイトーンの方は、色落ちで悩む人も多いかと思います。

美容師さんだからできるアドバイスはすごく人気です!

投稿例

巻き方紹介

自分でできる巻き方や、アレンジの仕方をさがしている方が多く
いるのでユーザーの目に止まりやすいです。

みなさんは、
①スタイル写真だけを発信している美容師
②スタイル写真だけでなく、ヘアケアも両方詳しい美容師


①と②のどちらの美容師にお願いしたいでしょうか?

ほとんどの方が、②のヘアケアにも詳しい美容師にお願いしたいと思います。


“入客してないから投稿できない”
“毎日写真が撮れないから投稿できない”というみなさん、投稿はスタイルだけではありません。

美容師という武器を使い、スタイルだけでなく髪の毛にまつわる幅広い情報を発信していきませんか?

今月のオススメハッシュタグ

春カラー

#エクステ #プルエクステ #○○美容室

#○○美容院 #春カラー

#ミルクティーピンク #ピンクベージュ

#ペールピンク #ピンクブロンド

#ピンクラベンダー #ピンクブラウン

#ピンクヘアー #ピンクアッシュ

#ピンクパープル #オレンジピンク

#ホワイトピンク #ピンクミルクティー

#ベージュアッシュ

#ミルクティーグレージュ

#ミルクティーアッシュ #アッシュベージュ

#アッシュグレージュ #グレージュカラー

#オリーブベージュ #寒色系カラー

#ベージュ #ピンクバイオレット

#ストロベリーピンク #ピンクヘア

#ラベンダーベージュ

ブラウンカラー

#プルエクステ #エクステ #○○美容室 

#○○美容院 #ヘアカラー #ダークブラウン

#ダークモカブラウン #ダークモカ #暗髪

#暗髪カラー #ブラウンカラー

#グレージュカラー #チョコレートカラー

#モカブラウン #チョコレートブラウン

#グレージュ #ショコラブラウン

#ショコラグレージュ #ブリーチなしカラー

#ブリーチなしグレージュ #暗めカラー

#ダークグレージュ #ベージュカラー

#ラベンダーグレージュ #春カラー

#アッシュカラー #アッシュグレージュ

#ブリーチなしミルクティーベージュ

#春ヘア #ブラウンベージュ

ショートカット

#○○美容室 #○○美容院 #ショート

#ショートカット #ショートボブ

#ショートヘア #ショートヘアー #ボブ

#ボブスタイル #ボブヘア

#ハンサムマッシュ #マッシュショート

#ハイトーン #カット #似合わせカット

#前髪 #前髪カット #ミニボブ

#コンパクトショート #小顔カット

#ショートスタイル #ハンサムショート

#切りっぱなしボブ #ヘアスタイル

#ヘアカタログ #ヘアアレンジ #ヘアカラー

ぜひ、参考にしてください!!

© Copyright CreateOne CO.,LTD.